バルベルデ、バルサ監督として100試合指揮へ

バルベルデ、バルサ監督として100試合指揮へ

水曜日の国王杯で、エルネスト・バルベルデがアスルグラナ指揮官として3桁試合での采配となる

国王杯準決勝の第二レグでレアル・マドリードとFCバルセロナが顔合わせする(27日21時、日本時間28日5時)。ロス・クレスは6年連続のカップ戦決勝進出を目指してサンティアゴ・ベルナベウへ乗り込む。この対戦はレオ・メッシにとって40回目のクラシコとなるが、同時にエルネスト・バルベルデにとってはアスルグラナ監督として100試合目の指揮の舞台でもある。

バルサ監督は現職就任以来ベンチ指揮の回数が3桁になるが、これまで99試合で67勝23分け、敗戦はわずかに9と非常に前向きな数字を残している。つまりここまでエルネスト・バルベルデの勝率は67%、総得点は238(1試合平均2,4点)、総失点は80に止まっている。

上記238点のうち、最も多くゴールを挙げたのはメッシの78点。続いてスアレス(48点)、コウチーニョ(18点)、デンベレ(17点)となっている。出場試合数ではラキティッチが最多の92試合で、さらにメッシとセルヒオ・ブスケッツがともに86試合で並んでいる。出場時間ではピケが最も長く7294分。テア・シュテーゲン(7290分)とルイス・スアレス(7236分)がトップ3を占めている。

33試合ごとにタイトル獲得

そのうえ監督はすでに3タイトルを勝ち取っている。リーガと国王杯を各1回、2018/19シーズンに入ってからはこれまでのところスペインスーパーカップを手にしており、現在も3タイトルを狙える位置につけている。

なおバルベルデはあと44試合でバルサ歴代最多指揮となる監督のベスト10入りすることになる。

監督指揮試合数勝率
ヨハン・クライフ43058,1%
フランク・ライハールト27358,6%
マリヌス・ミチェルス26450,8%
ジョセップ・グアルディオラ24772,5%
ルイス・ファン・ハール20055,5%
ルイス・エンリケ・マルティネス18176,2% 
ジャック・グリーンウェル16970,4%
テリー・ベナブレス16953,8%
 フェルディナンド・ダウシック15060'7%
エレニオ・エレラ14370,6%
エルネスト・バルベルデ9967,7%
Força Barça
Força Barça
記事を閉じる