Ernesto Valverde

監督

VALVERDE-JOC.jpg
「Txingurri」(バスクの小さな蟻)として知られている男は、1988年から1990年の間の選手としての呪文の後、27年後にバルサに戻る

エルネスト・バルベルデは、1964年2月9日にカセレスの村に生まれたが、家族はすぐにビトリアへ移住し、その地元クラブでプレーし始めた。そのクラブが後のアラベスである。選手としてのキャリアにおいて、FCバルセロナの選手として、カンプノウで二年間、 1988年から1990年までプレーしている。ヨハン・クライフがベンチに座っていた時であり、欧州カップウイナーズと国王杯を一回ずつ、制覇している。

カセレス生まれのバルベルデは、アスレティック・クラブのカデテカテゴリーを率いて、監督デビューを果たした。アスレティック・クラブは、バルベルデにとって、特別なクラブとなる。その後、アスレティック・クラブのユースを率いて、2003年から  2005年にはトップチームも率いた。 2004/05年以降、一年間、チームを率いることなく過ごした。

バルベルデは、その後、エスパニョールで二年間、監督として勤め、それが最初のアスレティック・クラブ外での経験となった。オリンピアコスがその次の行き先であり、もっとも多くの成功を手にした一年となった。ギリシャでは、二冠を制覇し、ギリシャスーパーリーグ、ギリシャ杯を獲得した。その栄光を手に、エルネスト・バルベルデは、スペインリーグに戻ってきて、ビジャレアルを1年間、率いたが、そこでは結果面からは、成功を手にすることはできず、その結果、20節目で解雇された。

そのシーズン、残りの半年は、どこのチームも率いることなく、翌年、再び、オリンピアコスに戻り、再び、リーグタイトルを手にした。その翌シーズン、ギリシャの地でさらに二冠ーギリシャスーパーリーグとギリシャ杯ーを再び、制覇した。その後、数ヶ月の休暇の後、次の行き先は、バレンシアだった。メスタージャのベンチを引いた後、カセレス出身の監督は、サン・マメスへの復帰を発表した。

バスクのクラブでの第二時代がスタートし、バルベルデは、旧サン・マメスと新サン・マメスの橋渡しの時期を過ごした。2015/16年始め、バルベルデは、アスレティック・クラブに31年ぶりにスペインスーパー杯をもたらした。制覇した相手は、きしくもルイス・エンリケの率いるバルサだった。この7月1日から、エルネスト・バルベルデは、バルサの新監督となった。

出生地
ビアンダル・デ・ラ・ベラ(スペイン)
生年月日
09/02/1964

最新 ニュース

ビデオ

記事を閉じる