Ronald Koeman

監督

mini_koeman_2
オランダ人監督は、 2020年の夏、FCバルセロナにやってきた

1963年3月21日、ザーンダム (オランダ)にて生まれた ロナルド・クーマンは、2020年の夏、FCバルセロナの監督となった。フィテッセ、アヤックス、ベンフィカ、PSV、バレンシア、AZアルクマール、フェイエノールト、ソウスハンプトン、エバートン、オランダ代表を率いて20年以上の経験を手に、2020/21年のシーズンのチームの手綱を執るために、バルサにやってきた。

オランダ人は、バルサにおいて、選手としては正真正銘のレジェンドであり、1989 年から1995年、6シーズン、プレーした間、 公式戦 264試合に出場し、ディフェンダーであるにも関わらず、  88ゴールをマークし、とりわけ、得意としていたフリーキックからそのゴールを生みだした。また、クーマンは、バルサの選手として、10ものタイトルを制覇している。その内訳は、リーグ優勝4、欧州杯、国王杯、欧州スーパー杯に、スペインスーパー杯3だ。

ゴールと優勝杯以外に、クーマンが最もバルサにとって記憶に残されているのは、1992年のウェンブリーでの決勝だ。オランダ人は、このたった1試合で決まる試合のアディショナルタイムに、サンプドリアを前にバルサに勝利を与えるゴールをマークし、スコアを1-0にし、バルサの史上初の欧州杯をもたらし、FCバルセロナ史上に名を刻んだのだ。  

出生地
ザーンダム (オランダ)
生年月日
21/03/1963

最新 ニュース

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ