Jong
mini_Luuk de Jong silueta_ok
フォワード
17 Luuk de Jong
チーム
Luuk de Jong
攻撃的なプレーにおけるポテンシャルの高いフォワード

ルーク・デ・ヨングは、1990年8月27日エーグル(スイス)生まれで、オランダのドゥーティンヘムにあるアマチュアチーム、DZC'68で兄のシーム・デ・ヨングと共に、サッカーを始めた。 2009年、オランダ人ストライカーは、FCトゥウエンテに獲得され、そこでプレーし、 2012年にボルシア・メンヒェングラートバッハへ移籍し、ドイツで2シーズンを過ごした。その後、 PSV アイントフォーヘンへの移籍により、オランダに戻ることになった。

2019年の夏に、セビージャが獲得し、そこで2年間プレーした後、今年、 2021年の夏にFCバルセロナへのレンタル移籍が決まった。 

クラブレベルで、ルーク・デ・ヨングは、国内タイトル及び国際レベルを手にしているが、中でも、目を引くのは、オランダで、4回制覇したエールディヴィジと、2019/20年のヨーロッパリーグの制覇だ。

代表レベルでは、オランダと共にオランダ代表と共に、 2011年2月9日にデビューを果たし、ロナルド・クーマンが代表監督を務めていたオランダ代表と共にUEFA ネーションズリーグで準優勝を制覇している。

恵まれた体格と巧みな空中プレー

ルーク・デ・ヨングは、攻撃的なキャパシティが大きく、中でも、恵まれた体格(188cm)を利用した空中プレーに長けている。ピッチ上でのインテリジェンスがあり、チームの攻撃におけるワントップ或いはその豊かなキャパシティを生かしたチームプレーを使い分けることができる。

出生地
Aigle, Switzerland
生年月日
27/08/1990
体重
86kg
身長
188cm

キーパーフォーマンス統計 Luuk de Jong

スポンサー:
記事を閉じる

関連 関連コンテンツ