2016年、月間最視聴コンテンツ

2016年、月間最視聴コンテンツ

この12ヶ月間、公式サイトで月ごとに最も人気があったコンテンツを通して1年を振り返ります

※タイトルクリックで記事に飛びます

1月

「キャプテン翼」の作者、高橋陽一氏、森山直太朗氏がカンプノウ訪問

世界中のサッカーファンに知られている ‘キャプテン翼’の作者、高橋陽一氏が、カンプノウのVIPスペースに招かれ、FCバルセロナ−アスレティック・クラブ戦を観戦。また、バルサのソシオ(会員)であり、サッカーファンとして良く知られている音楽家の森山直太朗氏も、同様に、招待されたことは、日本でも注目を浴びました。

2月

世界を駆け巡ったレオ・メッシとルイス・スアレスのマジック

メッシとスアレスは歴史に残る衝撃的なPKを放ち、世界中のメディアがそれについて取り上げました。覚えていますか?

3月

さようなら、ヨハン

FCバルセロナの、そしてサッカー界の伝説が私達を残して去りました。クラブはその追悼を行ない、世界中の人々が「空飛ぶオランダ人」の異名をとった伝説、ヨハン・クライフとの別れを惜しみました。

 

4月

新カンプノウプレゼンテーション

日本企業の日建設計とジョアン・パスクアル−ラモン・アウシオ建築が請け負うことになった新スタジアムが、どんなふうになるのか、誰もが好奇心を抑えることができません。

5月

メッシ、スアレス、ネイマールJr、131ゴールを決めたトリデンテ

バルサの3人のアタッカーが、昨季決めた122ゴールを上回る歴史的新記録を生み出し、131得点を決めて4タイトルを獲得したことは、注目に値するできごとでした。

6月

メッシの3番目にスピーディなハットトリック

FCバルセロナの「10番」は、コパ・アメリカでアルゼンチン代表と共に、キャリアにおいて3番目に速いハットトリックを決め、世界中から賞賛されました。

7月

FCバルセロナとコナミ、プレミアムパートナー契約を締結

日本を代表するデジタルエンタテインメントのパブリッシャーであり、「ウイニングイレブン」シリーズで有名なKONAMIが3年間、クラブのプレミアムパートナーとなることが決まったのは、世界的な話題となりました。

8月

FC バルセロナ、 2016/17年の背番号を発表 

新顔、デニス・スアレスが’6’、サンペルが’16’を、ディニュは’19’、アンドレ・ゴメスは’21’、ユムティティは’23’を着けることになった背番号の発表は、常に注目を集めるニュースです。

9月

大宮アルディージャからインファンティルBチームに送られた感謝のビデオメッセージ

ワールド・チャレンジ・カップの決勝のあと励まされたセルジ・ミラ監督率いる選手たちの行動を讃え、感謝のメッセージを送った国境などの枠を越えての友情は、多くの人々の胸を打ちました。

10月

チャンピオンズリーグハイライト: バルサ 4 – 0 マンチェスターシティ

メッシのハットトリック、ネイマールのゴールなどでバルサが、グアルディオラの率いるマンチェスターシティを破ったこの試合は、歴史的なゲームとなりました。

11月

Rakuten、バルセロナの新メイングローバルパートナーに

日本企業が史上初めて、2017年7月1日から4年間、バルサの新メイングローバルパートナーになるというこの衝撃的なニュースは、世界中を駆け巡りました。 

12月

バルサ vs レアルマドリード戦でのモザイク

世界で最も熱い試合、クラシコは、常に注目の的ですが、カンプ・ノウで行われた試合前のモザイクも、話題を呼びました。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる