=
フィリペ・コウチーニョ、FCバルセロナの新たな '7' 番

フィリペ・コウチーニョ、FCバルセロナの新たな '7' 番

コウチーニョは、昨季までつけていた背番号‘14’を手放し、ビジャやペドロ、ラーション、サビオラなどが つけていた背番号を引き継ぐことになった。

フェリペ・コウチーニョは、今年の1月にFCバルセロナにやってきた。半年間、バルサで14番をつけてプレーした後、ブラジル人選手は、背番号7を引き継ぐことになった。バルサの歴史にいて、この番号は、偉大な選手を意味する同義語であり、彼の順番がやってきたのだ。 

最後にこの背番号をつけたのは、アルダ・トゥランであり、2015年にバルサにやってきて、昨シーズン去った。その前に7番をつけていたのは、バルサを代表するビジャ、ラーション、ペドロといった選手がこの番号をつけていた。また、過去には、'チャーリー' レシャックも、その一人だった。通常は、攻撃の選手に与えられるこの背番号は、コウチーニョのような偉大な選手が身につけて輝くナンバーだ。

バルサの伝説に続、この7番を今年から背負うことになるコウチーニョ。その前にこの番号を背負っていた選手の一覧をここで振り返ろう。

ルイス・フィーゴ (1995-2000)

アルフォンソ・ペレス (2000-2001)

ハビエル・サビオラ (2001-2004)

ヘンリック・;ラーション (2004-2006)

エイドゥル・グジョンセン (2006-2010)

ダビッド・ビジャ (2010-2013)

ペドロ・ロドリゲス (2013-2015)

アルダ・トゥラン (2015-2018)

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる