マッチプレビュー: バレンシア vs FC バルセロナ戦

マッチプレビュー: バレンシア vs FC バルセロナ戦

メスタージャで行われるリーガ戦13節、バレンシアーFCバルセロナ戦は、リーグタイトルを狙う強豪2チームの対決となる。

スペインリーグのトップ2がメスタージャで対決する。リーガ13節、バレンシアーFCバルセロナ戦が、未だに無敗のチーム同士の争いとなる。

バルサは、このスタジアムで2007年以来、負けていない。同じことが繰り返されれば、今週末、両者の点差は7点差に広がるが、その逆は、2位のバレンシアと勝ち点1点差を許すことになる。

チームニュース

セルタからレンタル移籍中のバルサBのセンターバック、ダビッド・コスタスが招集リスト18人の中に入ったのが、新しいニュースだ。バルベルデが前日記者会見を行なう前に、発表した遠征メンバーは、下記の通り。
テア・シュテーゲン、シレッセン、セメド、ラキティッチ、セルヒオ、デニス・スアレス、イニエスタ、スアレス、メッシ、パウリーニョ、デウロフェウ、パコ・アルカセル、ジョルディ・アルバ、ディニュ、アレイシ・ビダル、ユムティティ、フェルメーレン、そしてダビッド・コスタス (39)

招集外は、負傷欠場のデンベレ、ラフィーニャ、アルダ・トゥラン、セルジ・ロベルト、アンドレ・ゴメス、マスチェラーノ、処分欠場のピケだ。

監督視点

「週中に大会のないライバルだ。つまり、リーグに集中している。タイトル争いをするライバルなのは明白だ」と前日試合会見で、エルネスト・バルベルデは、語った。また、バレンシアについて「素晴らしいシーズンになるだろうと思っていたし、実際、そうしていると思っている。彼らは、良い監督、良い選手、明確なプレープラン、それを裏打ちする努力」があると分析した。

マルセリーノの率いるバレンシアが、FCバルセロナを負かしたことは過去にない。今週の日曜日は、処分により、ベンチに座ることができないマルセリーノだが、「メッシを止めるための鍵はない。私は周囲が思うほど、頭がよくない」と試合前にこぼしてみせた。とはいえ、「今週の試合準備は、今までになく簡単だった。なぜなら、全員がモチベーションと期待にあふれているし、チャンスがあると信じているからだ。私たちは勝ちたいし、勝てると信じているし、そのための努力をする」と野心をみせた。

現況

両チームともリーグ戦で無敗だ。バルサはレガネスのホームで0-3で勝利をあげたばかりであり、一方のバレンシアはエスパニョールのホームで、0-2とやはり、勝利をあげた。マルセリーノの率いるバレンシアは、今週の日曜日、リーガにおける10連勝記録を目指している。

両チームの歴史

最後にバレンシアがメスタージャでバルサを負かしたのは、2007年の2月まで遡る必要がある。両者は、20 試合をリーグ戦で戦っているが、その内訳はバルサが13勝バレンシアが2勝ドローが5回だ。ゴールは、ほぼ確実に保証されており、両者がスコアレスドローに終わったのは、この14年間の間に一度しかない。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる