チェルシー戦前日記者会見

チェルシー戦前日記者会見

ホームで戦うチェルシーとのチャンピオンズリーグ16強第ニレグの前日に、エルネスト・バルベルデ監督とセルヒオ・ブスケッツが記者会見を行なった。

明日、チェルシーを前にチャンピオンズリーグを戦うバルサは、スタンフォードブリッジでの第一レグ1-1の結果から、両者に開かれている試合でラウンド8への進出を目指す。

その前日記者会見で、セルヒオ・ブスケッツは、「守備的によく研究しているチームを前に要求度の高い試合になる」と話し、この試合の鍵は「ボールをコントロールすること、戦術が組み立てられていること、チャンスを生かすこと」にあると話した。また、「いつもどおり、僕らはおおげさに構えることなく、勝つためにピッチに出る。彼らがゴールを決めたら、僕らは苦しまされることになる」と気を引き締めた。また、「第一レグであるかのようにプレーし、状況で試合は変わっていくだろう」と予想した。

一方、同じく前日記者会見を行ったトップチームの監督、エルネスト・バルベルデは、「ピッチにいる選手のレベルを考えれば、ちょっとしたディテールが試合を決めることになる」との考えを明かし、とりわけ、ウイリアン、ハザード、ペドロなどの選手が「1メートル与えたら、シュートを放てる」選手だと警戒した。チェルシーは、容易にプレッシャーに屈するチームではないが、「時間が経つにつれ、2チームのどちらかがリスクを冒さなければならない」と話し、「2チームのうち、1チームは敗退する。それがこの試合の重要性にプラスを与えている」とコメントした。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる