アンドレアス・クリステンセンについて知っておくべき10のこと

アンドレアス・クリステンセンについて知っておくべき10のこと

バルサの新加入選手は、プロGKの息子であり、FCバルセロナで6番目のデンマーク人選手となる

アンドレアス・クリステンセン はFCバルセロナの新加入選手だ。続けて、このデンマーク人センターバックに関する興味深いデータを見てみよう。

1) クリステンセンは、 1996年4月10日に生まれた。バルサがアトレティコ・デ・マドリードを前に国王杯決勝で戦った日だ。残念ながら、バルサはこの試合を僅差、 0-1で負け、アトレティコ・デ・マドリードが二冠を制覇した。この日は、ヨハン・クライフがバルサのベンチに座った最後の決勝の日だった。 

2) 彼の父親、ステン・クリステンセンはプロのGKだった。デンマークで最も知られているチームの一つ、ブロンディで4試合に参戦した。

3) チェルシーユースが大会二度目だった UEFA ユースチャンピオンズリーグ2014/15 のユースメンバーだった。チェルシーは、シャフタール・ドネツクを3-2 で制した。大会の初代チャンピオンは、ジョルディ・ビニャルスが率いたFCバルセロナが制覇している。

4) センターバックがチェルシーに入団したのは、 たった 15 歳 の時であり、ボルシア・メンヒェングラードバッハから、2年間レンタル移籍していた (2015-17)が、2014年の夏に故郷のクラブを離れたマルク・テア・シュテーゲンとは重ならなかった。

5)  2017年から、クリステンセンは、チェルシーのディフェンスにおいて重要な選手としてその位置を築いていた。その間、彼は4タイトルを制覇した。ヨーロッパリーグ 2018/19、チャンピオンズリーグ 2020/21、欧州スーパー杯2021/22、そしてクラブW杯  2021/22だ。

FAetLt0WEAQ3YRA

6) ロンドンのチームは、この5年間で5人の監督が率いており、その監督もお馴染みの顔ぶれだ。ジョゼ・モウリーニョ、アントニオ・コンテ、マウリツィオ・サリ、フランク・ランパード、トマス・トゥヘルだ。

7)クリステンセンを含め、バルサとチェルシー両クラブでプレーした選手は、14人目となった。マーク・ヒュース、アルベルト・フェレル、ボガルデ、ゼンデン、エマニュエル・プティ、クアレスマ、ジュリアノ・ベジェッティ、デコ、エトー、グジョンセン、ペドロ、オリオル・ロメウ、セスク・ファブレガスだ。

8) 興味深いことに、クリステンセンは、チェルシーからバルサにきた2番目の選手だ。もう一人は、やはり、北欧からやってきて2006年にバルサに移籍してきたエイドゥル・グジョンセンだった。

9) アンドレアス・クリステンセンは、バルサ史上における6人目デンマーク人選手となる。最初の、アラン・シモンセン (1979-82)を封切りに、ミヒャエル・ラウドルップ (1989-94)、トマス・クリスティアンセン  (1992-93)、ロニー・エケルンド  (1992-93) そしてマルティン・ブライスバイテ (2020-)がいる。

10) ブライスバイテ と共に、クリステンセンは、2018年ワールドカップ、ユーロ2020でプレーし、そこでデンマーク代表は準決勝に進出し、ダークホースとしての注目を浴びた。

ExZ6NdlW8AM_9eD

 

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ