ルーク・デ・ヨングについて知っておくべき10項目

ルーク・デ・ヨングについて知っておくべき10項目

FCバルセロナの新たなストライカーのトリビアデータをチェック

ルーク・デ・ヨング は、バルサの選手だ。FCバルセロナの新ストライカーは、セビージャからクラブにやってきて、ロナルド・クーマンを始めとし、メンフィス・デパイフレンキー・デ・ヨングと共にロッカールームをシェアすることになる。そのルーク・デ・ヨングについて知っておきたいことは?

続けて、新加入選手についてより深く知ろう:

  • ルーク・デ・ヨングは、オランダのドゥーティンヘムにあるアマチュアチーム、DZC'68でサッカーを始めた。
  • 兄であるシーム・デ・ヨングもサッカー選手だ。共にDZC’68でサッカーを始めた後、シームはアヤックスに移籍し、現在は、オランダリーグのS.C. ヘーレンフェーンでプレーしている。
  • 2018/19年、ルーク・デ・ヨングは、PSV アイントフォーヘンと共に28得点を決めて、オランダリーグの最多得点王となった。
  • 何度となく、彼のサッカー界でのアイドルは、元バルサのティエリ・アンリだと告白している。
  • 選手は、オランダ代表でプレーしているが、人口が10.000 人以下の小さなスイスの村、エーグル生まれだ。
  • PSV アイントホーフェンで、オランダ人フォワードは、2017/18 年、2018/19年と2年連続で、オランダリーグのベストイレブンに選出された。 セビージャに移籍してからも、2019/20年にヨーロッパリーグでチャンピオンになった年に、ヨーロッパリーグのベストイレブンに選ばれている。
  • 2019 年、オランダ代表と共にUEFA ネーションズリーグで準優勝を果たした。その際のオランダ代表監督は、ロナルド・クーマンだった。
  • キャリアにおいて、10タイトルを制覇している。国内レベルでは、オランダリーグ優勝を4回(FCトゥウエンテで1回、PSVで3回)、オランダ杯1回、スーパー杯4回(FCトゥウエンテで2回、PSVで2回)、また、国際レベルでは、セビージャと共に2019/20年にヨーロッパリーグを獲得している。
Luuk de Jong
  • ルーク・デ・ヨングは、スポーツの血統を持っている。兄だけでなく、両親もトップレベルのスポーツ選手―バレーボールのプロ選手―だった。
  • 代表のチームメート、フレンキー・デ・ヨング、メンフィス・デパイとFCバルセロナでもロッカーを分け合うことになる。3人は、UEFA ネーションズリーグの決勝に辿り着いた時の代表メンバーを構成していた。
Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ