FC バルセロナ – レアルソシエダ: リーグに接近 (2-1)

FC バルセロナ – レアルソシエダ: リーグに接近 (2-1)

バルベルデのチームは、ラングレとジョルディ・アルバのゴールで、勝ち点3を手にし、また、タイトルに近づけた。

FCバルセロナは、日々、リーグタイトルに近づいている。リーガ33節、カンプノウで行われたFCバルセロナ対レアル・ソシエダの試合は、ラングレとジョルディ・アルバのゴールで、バルサが勝ち点3を手にして、リーグ優勝へまた一歩、近づいた。

フレンチコネクション

バルベルデ監督は、ここからリーグタイトルがかかっているここからの1週間—3試合をこなすというハードスケジュールーの第一戦で、メッシ、スアレスのほか、デンベレ、ビダルを攻撃の主軸におき、セルヒオをベンチに置いて、中盤にアルトゥール、ラキティッチをスタメンに据える攻撃的なイレブンで、この試合に臨んだ。

バルサは、前半30分、平均で60%のポゼッションを手にするも、そこまでに形にできたシュートは二回のみ。26分には、メッシがフリーキックから、ルリの守るゴールに先制点を決める寸前も、ボールはわずかに枠を捉えなかった。また、一方のレアルソシエダは、前半35分には、レアルソシエダのフアンミがゴール寸前も、1対1になったテア・シュテーゲンがクリア。また、ウィリアン・ジョゼもシュートも枠を超え、再び、チャンスを作ったものの、スコアには繋がらなかった。41分には、バルサの連携プレーから、エリア内でルイス・スアレスがシュートもルリがクリア。バルサは試合のコントロールを握るも、レアル・ソシエダの守備に阻まれる展開が続き、スコアレスドローでハーフタイムを迎えることになるかと思われた前半45分、デンベレがコーナーキックから放ったボールをラングレがヘディングで押し込み、先制点をマーク。バルサは、前半を1-0で折り返すことになった。

ジョルディ・アルバの勝利弾

後半17分には、フアンミがレアルソシエダに1点を返したが、その1分後にジョルディ・アルバがバルサに追加点をマーク。すぐにスコアを2-1と有利に戻した。続けて、ルイス・スアレスが再び、ゴールチャンスを手にするも、この日、3度目のオフサイドとなった。

後半25分に、バルベルデ監督は、デンベレに変えてコウチーニョをピッチに送った。後半44分には、アルテューロ・ビダルに変えて、セルジ・ロベルトをピッチに送り、アディショナルタイムの4分間を過ごすことになった。最後の瞬間まで、レアルソシエダは、同点を狙うため、テア・シュテーゲンのゴールを攻め続けたが、リーグ首位のチームも譲らなかった。多くのチャンスがありながら、ゴールネットを揺らす回数は少なかったものの、バルサは貴重な勝ち点3をあげた。この新たな勝利が、また、一歩、リーグ優勝へ近づけた。バルサに休む暇はない。次の火曜日に、再び、リーガの試合が待ち受ける。対戦相手は、アラベスとなる。

 

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる