神戸: ヴィッセル神戸 – FC バルセロナ

神戸: ヴィッセル神戸 – FC バルセロナ

バルサは、7月27日に元バルサの選手、アンドレス・イニエスタ、ダビッド・ビジャ、セルジ・サンペルがプレーするノエビアスタジアム神戸で試合を行なう。
4月15日(月)午後4.23

FCバルセロナは、今季、プレシーズンの1試合目に、ヴィッセル神戸と対戦することになる。場所は、ノエビアスタジアム神戸、対戦相手は、Jリーグ1部のヴィッセル神戸だ。試合は、バルサにとってもスペシャルなものになる。バルサの元キャプテン、アンドレス・イニエスタ、ダビッド・ビジャ、セルジ・サンペルと再会することになるからだ。この試合は、「Rakuten Cup」として行なわれる。

都市: 神戸

本州の西側、関西に位置している人口約150万人の都市、神戸は、兵庫県の首都であり、山と海に恵まれている日本全国6番目の都市だ。神戸は、港に関する活動やその豊かな国際色を特徴として、知られている。神戸港は、世界レベルでも、最も重要性のある港の一つだ。また、六甲山を望むその景観の美しさでも知られており、神戸で最も高いそこから望む夜景は、世界でも有数の美しさを誇っていると考えられている。

興味深いこと: 神戸とバルセロナ、姉妹都市として25年間

山と海に囲まれている地理的な面で、神戸とバルセロナには、共通項があるが、実際、この二都市は、両市の市長により、サインを交わし、1993年より、姉妹都市となっている。文化、教育、スポーツ、経済、テクノロジーと多岐に渡り、文化間の交流を行なうことが、合意には含まれており、違いの関心事や知識を分け合い、豊かにすることを目的としている。

その意味で、バルセロナは、1995年に起きた阪神・淡路大震災で、神戸の港が破壊された時も、壊滅的な状況を軽減するために、人道的援助を送った。昨年の11月、両市は、姉妹都市として25年目を迎え、アンドレス・イニエスタがその際の主役になった。いろんな意味で、FCバルセロナの神戸の訪問は、特別なものとなる。

スタジアム: ノエビアスタジアム神戸

神戸に位置し、30.132人が収容できるノエビアスタジアム神戸は、ヴィッセル神戸のホームスタジアムだ。2001年にオープンし、2002年日韓ワールドカップで、日本がブラジルを制した試合で、開場した。今回、このスタジアムで、FCバルセロナとヴィッセル神戸の親善試合が行われることになる。

 

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ