バルサ財団法人、日本における障害児向けに、プログラムのデジタル適用化開発
提供

バルサ財団法人、日本における障害児向けに、プログラムのデジタル適用化開発

改正バージョンは、新型コロナウイルスの世界的流行の現況下、KONAMIプログラムのサポートを得て、あらゆるケイパビリティのための継続を保証

バルサ財団法人は、KONAMIの支援を受け、あらゆるケイパビリティのためのプログラムにおけるデジタル適用化を生み出した。このプログラムは、スポーツを包摂ツールとして用いながら、より公平で平等な世界を目指し、従事している養成インストラクター、コーチ、連盟や組織に向けられたものだ。

今回の適応は、Covid-19によって起きた例外的な状況によるものであり、今季のプロジェクトの継続を保証するために行われた。ここ数ヶ月間の間、FutbolNetインクルシーブ方法論の養成コースを補完するための新たなコンテンツとリソースの作成に励んできた。今回の養成コースのコンテンツの中で、向上し、新たに加わったものの中に、財団法人の方法論の専門家によって行われるセミナーの開催、運営組織への方法論のサポート、国際スペシャリストとのライブトーク、プログラム内に参加している子供たちのご家族のためのアドバイスが添えられたインフォグラフィックなどがあげられる。

このプロジェクトは、バルサ財団法人のあらゆるケイパビリティのためのプログラム の一環であり、FutbolNet方法論を場所を移し、植え付ける目的のもと、日本障がい者サッカー連盟(JIFF)と協力して、2019年に日本でのスタートを切った。方法論及び障害のある子供たちの包摂に特化したセミナーが開催されたほか、その年末には、東京にて、FutbolNet フェスティバルが開かれ、そこには、知的、視覚、聴覚障害の男女の子供たちが、障害のない子供たちと共に混ざって、二百人以上、参加して行なわれた。

KONAMIからの支援 

バルサ財団法人は、KONAMIからのサポートのおかげで、日本国内にて、より、平等で包摂的な社会づくりに貢献している様々な企業や団体組織に、このプログラムを提供している。このプログラムの一部として、バルサ財団法人は、日本における財団法人のFutbolNet方法論の講師や指導者養成を行なっている。

このプロジェクトは、障害児の社会包摂をスポーツを通して促すバルサ財団の多様性プログラムの一環であり、現在、カタルーニャやニューヨークで実践されている。

FutbolNet 方法論

 FutbolNet 方法論は、身体的アクティビティ及びスポーツを用いる社会教育的ツールであり、社会的インクルージョンや社会の変容に向けて、暴力、差別、貧困の環境に生きている子供達の人生を変える助けになっている。また、FCバルセロナの価値観である、謙虚さ、努力、野心、敬意、チームワークを、協力という文化教養に基づき、個人及びコミュニティに役に立つよう、促進している。

この多様性のためのプログラムに加えて、バルサ財団法人では、世界の様々なで、社会的包摂や暴力の抑止、難民のためのプログラムに、この方法論を用いている。

バルサ財団について 

バルサ財団は、 1994年に社会的に脆弱な環境にある子供たちや若者を、スポーツや価値観教育を通して、支援し、より、公平で包摂的な社会に貢献する目的で、創設。バルサ財団は、そのアクティビティを国連の持続可能な開発目標と発展のためのスポーツプログラムの枠組みの中で行なっている。主となる行動方針は、教育へのアクセスと強化、暴力抑止、社会的排除及び差別に立ち向かうことにある。今日、財団法人により、世界中で、150万人以上が恩恵を受けるに至っている。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ