fcb.portal.reset.password

バルサTVの番組 ‘Promeses’ が今週もFCバルセロナユースの最も際立ったゴールを特選した。最初のゴールは、インファンティルカテゴリー女子のビクトリア・アドリアノバだ。ビクトリアは、見事な個人プレーから、サン・ガブリエルのゴールに正確なゴールを突き刺した。4位は、パブロ・モレノがカタルーニャチャンピオンシップの決勝で決めた先制点だ。アンダルシア出身のインファンティルAの選手は、 エスパニョールのディフェンダーのクリアボールを生かし、カルロス・マルティネスの率いるチームのスコアを、2-0にして試合を終えた。

3位は、ハイタム・アバディアのゴールだ。インファンティルカテゴリーのカタルーニャチャンピオンシップのファイナルでエスパニョールを前に先制点を決めたそのシュートは、力強く敵のゴールに突き刺さった。2位に登場するのは、再び、パブロ・モレノだ。個人プレーから持っていき、エスパニョールを驚かす決定弾を決めた。

だが、今週、最高のベストゴールに輝いたのは、パブロ・ガエス‘ガビ’だ。アレビン ‘A’の選手は、先週もトップ5で2得点が選ばれたが、今回は、右足の外側を使って決めたシュートで、マルク・セラの率いるチームをダムンを前に勝利に導いた。試合は、やはり、カタルーニャチャンピオンシップのものだった。

 


上に戻る