fcb.portal.reset.password

サンフランシスコ戦でアドリア・ビラノバ / VICTOR SALGADO - FCB

今週末、スペインは祝日を挟んだものの、バルサユースが止まることはなかった。バルサTVの番組'Promeses' が選んだ12月5日、6日の内容をここにご紹介。

バルサBのアイトルカンタピエドラが今回のランキングのトップだ。メスタージャでのバレンシアを相手にループシュートでキーパーの頭上を声、3−0の決定弾をチームにもたらしている。続くはフベニルAのアドリアビラノバ、チームメートのクリアボールを生かし、キーパーにポテンシャルあふれるゴールを突き刺している。3位は、バルサBのウイルフリッドカプトウムだ。このカメルーン国籍の選手は、正面から力強いシュートを放ってバレンシアのメスタージャで得点している。 続いて4位は、カデテAのクン・テメヌズコフ、5位はフベニルAのエンリック・フランケサだ。テメヌズコフは、コルネジャのキーパーが一歩前に出たのを見逃さず、クオリティ高いボールタッチでゴールを決めている。一方のフランケサは、サンフランシスコを相手にチームメートの右からのセンタリングを受けて、試合の先制点を決めた。いずれも見るに値する必見ゴールばかりだ。今週もバルサユースをどうぞ、お楽しみください。

 


FCB Masia-Academy: Top goals (5-6 des) by fcbarcelona

上に戻る