7 Coutinho

Philippe Coutinho Correia

ミッドフィルダー

フィリペ・コウチーニョは、最高のクオリティと高いテクニックを有した選手であり、世界のサッカーシーンにおいて、最も才能あふれるミッドフィルダーとして期待されている。

1992年6月12日にリオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)で生まれたフィリペ・コウチーニョは、世界でも最も才能あふれるミッドフィルダーの一人であり、まだ、将来性を残す大きなポテンシャルを持つ若手選手だ。ブラジル人選手は、既にブラジル代表及び欧州の歴史あるクラブ、リバプールでそのクオリティを証明している。

コウティーニョは、生まれ故郷のチームの一つ、バスコ・デ・ガマにて、サッカーを始めた。非常に若い時から、欧州の主要クラブから大きな注目を集め、たった18歳で2010年にインテル・デ・ミランに移籍し、そこでセリエA及びチャンピオンズリーグでのデビューを果たした。

リオ・デジャネイロ出身の選手は、インテルに2年半在籍し、その間、2012年にエスパニョールにレンタル移籍していた。スペインリーグでは、6ヶ月プレーし、そこで16試合に参戦し、5得点を決めチームのスター選手の一人となった。

ミラン、コルネジャーエル・プラットでの経験を手に、ミッドフィルダーは、2013年の1月にリバプールとのサインを交わした。アンフィールドで、コウティーニョは、所望されていた通りの偉大な選手として花開き、チームの最も重要な選手の一人となった。

ブラジル人選手は、2018年1月8日に正式にFCバルセロナの選手となり、残りのシーズン及び5年間の契約にサインし、4億ユーロの契約破棄金が設定されている。

テクニカルプロフィール

ブラジル人ミッドフィルダーは、そのポリバレンス性を一番の強みとしている選手だ。そのテクニックとプレービジョンがプレーをオーガナイズする助けとなる。また、この攻撃的ミッドフィルダーは、サイドアタッカーとしてもプレーできる。優れたプレービジョンに加えられたスピードーリズムをチェンジする素晴らしいスキルーと足元のボールの扱いに長けている。ドリブルも非常にうまく、対戦相手のディフェンスを交わすのを助ける。また、ゴール嗅覚に優れー昨年、リバプールでは13ゴールをマークー、長距離からも危険を生み出す選手だ。

171センチの身長のブラジル人選手は、将来性にあふれる若さを手にFCバルセロナにやってくる。また、フィリペ・コウティーニョは、ブラジル代表の選手であり、ワールドカップ、コパ・アメリカの予選に参戦している。