20 S. Roberto

Sergi Roberto

ミッドフィルダー

最もポリバレンス性に恵まれている選手の一人であり、創造性やテクニックにも秀でている。

14歳で、セルジ・ロベルトは、レウスを離れ、FCバルセロナのマシアへ、力強くやってきた。出身はナスティック・デル・タラゴナであり、このミッドフィルダーは、 2009/10年にデビューを果たしたルイス・エンリケ率いるユースチームで、主軸となるまでに成長した。

その後、2部でサッカーの指針となったセルジ・ロベルトは、2013年の夏にトップチームへの飛躍を果たし、ティト・ビラノバが作り上げたクリエーションのラインを引き継いでいる。

2部のサッカー的指針となった後、セルジ・ロベルトは、2013年の夏に1部へ飛躍を果たした。ヘラルド・マルティーノの指揮下、背番号'24 '番は、27試合に出場し、その内訳は、リーグ17、国王杯6、チャンピオンズリーグ4 試合だった。

トップチームでの2年目、セルジ・ロベルトは、18試合に出場し、その内訳は、リーグ12、国王杯4、チャンピオンズリーグ2 試合だった。レウス出身の選手は、国王杯で2得点をマークした。

セルジ・ロベルトは、2010年11月10日にカンプノウで行なわれた国王杯のセウタ戦 (5-1)で、トップチームで公式デビューを果たした。

テクニカルプロフィール

バルサユースから現れた優秀な選手の一人。スピードとスキルに恵まれ、上下に走ることができるミッドフィルダーで、そのチームメートとのコンビネーションプレーには定評がある。頭脳プレーもでき、かつ、チームのために犠牲になる。フィジカル的にも非常に強く、耐性があり、生来の才能に加え、日々の練習を怠らないその姿勢が、将来のある選手として育っている理由だ。