13 Cillessen

Jasper Cillessen

ゴールキーパー

クラブ史上二人目のオランダ人キーパー。リアクションの速さと両足を使ったプレーに定評がある。

ヤスパー・シレッセンは、2016年8月25日にFCバルセロナに移籍し、 2016/17年における夏の5番目の新加入選手となった。1989年4月22日に フルースベーク(オランダ)に生まれた選手は、クラブ史における20人目のオランダ人選手であり、ルウド・ヘスプに次いで二人目のオランダ人キーパーとなった。シレッセンは、ドイツの  NECナイメーヘン (2010-11) で過ごした後、アヤックス (2011-2016)に移った。21歳の時にNECにて、 SC ヘーレンフェーンを前にデビューを果たし、 その後、アヤックスへ移籍した。アムステルダムでは、最初はフェルメールとポジションを分け合っていたが、徐々に足場を固め、第一GKとなった。シレッセンは、142試合に参戦し、そのうち、 63試合を無失点に抑えている。キャリアを通して、バルサとは三回、チャンピオンズリーグで対戦している。 2013/14年にホームで一回、2014/15年にチャンピオンズリーググループリーグで、二度、対戦している。

2013年にデビューしたアヤックスでは、4回に渡り、優勝杯を持ち上げている。2013年から2015年の間にリーグで三連覇しており、また、2014年にはブラジルでフアン・ハールの率いるオランダ代表と共にスタメンキーパーとしてプレーしている。

テクニカルプロフィール

シレッセンは、フランク・デ・ブール、ルイス・ファンハールの元、プレーしてきたため、ポゼッションプレーに慣れている。このオランダ人キーパーは、また、非常にテクニックに優れ、リアクションと反応が早いことでも知られており、対戦相手のシュート、特に長距離からのシュートを阻むスペシャリストでもある。