1 Ter Stegen

Marc-André ter Stegen

ゴールキーパー

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは19才から最高レベルでの大会に参戦し、特にその足元の上手さから、将来が有望視されていたドイツ人GKであり、それを現実にした形だ。

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは、FCバルセロナのGKとして2014年夏にボルシア・メンヒェングラートバッハから移籍してきた。メンヒェングラートバッハで1992年4月30日に生まれた。非常に若い頃からデビューし、ヨーロッパでは将来有望と当時から見られていた。

バルサのユニフォームをまとう前に着たユニフォームは、ボルシア・メンヒェングラートバッハのもののみだ。4年間、ユースカテゴリーで育ち、たった18才でトップチームデビューを果たした。 2011年4月10日のブンデスリーガの試合29節、FCコルン戦だった。,その試合で、ボルシア・メンヒェングラートバッハは、5-1と勝利を収め、テア・シュテーゲンは、ゴールマウスを自身のものにしていった。ブンデスリーガでの最初の6試合では、3失点したのみだった。 

テア・シュテーゲンは、非常に早くから責任を追うことになった。彼の7試合目、8試合目でメンヒェングラートバッハは残留をかけて試合を戦わなければならず、キーパーの彼は2−1で制した試合の大きな要員となった。その翌年、トップチームに完全に落ち着き、テア・シュテーゲンはその後、4年間プレーし続けることになり、ブンデスリーガの最優秀GKに選ばれた。全体で108試合にブンデスリーガで参戦した。

ドイツ代表と共に、マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは、2012年に主役を勝ち取ったが、2014年のブラジルワールドカップには招集されなかった。22才ながら、FCバルセロナのゴールを守るロベルト・エンケ以来のドイツ人GKとなった。  2014年9月17日、バルサでの飾った公式デビュー戦は、チャンピオンズリーグのアポエルFC戦であり、試合は、バルサの勝利に終わった(1-0)。

2014-2015年、バルサのドイツ人GKは、チャンピオンズリーグと国王杯のスタメンとなった。テア・シュテーゲンは、欧州大会13試合に参戦し、フル出場し、失点は11点のみだった。国王杯では、8試合中7試合にスタメン出場し、4失点の成績だった。

テクニカルプロフィール

テア・シュテーゲンは、その身長 (187cm)を生かした空中プレーに優れ、また、両足でのコントロールでも際立っている。ゴール下では、堅牢に守り、瞬発力に定評がある。その若さにもかかわらず、常に強い個性を発揮し、若くしてデビューしたことで豊富な経験を重ねている。