fcb.portal.reset.password

FC バルセロナは、サン・シーロで行われたインテルとの対戦で、ドロー(1-1)に終わった。バルサは、数えきれないほどの攻撃チャンスを手にしたものの、とりわけ、前半のバルサの執拗な攻撃は、ゴールという形で報われるべきものだったが、それが電子掲示板に反映されることなく、試合は終わった。

後半は、今回、チャンピオンズリーグ初出場となったマウコムが、ピッチにたつやいなやゴールを決めた。その後、イカルディが同点弾を決めて、スコアは1-1 で終わったが、マウコムのゴールをはじめ、ハイライトシーン満載のこのビデオで、あの攻撃をもう一度、見たい人も、試合を見逃した人もお楽しみください。

上に戻る
_satellite.pageBottom();