fcb.portal.reset.password

今季最初のクラシコは、カンプノウでレアル・マドリードを迎え、5-1で制するというバルサにとって、甘い結果に終わったが、その先制点を決めたバルサのミッドフィルダーのコウチーニョは、FCバルセロナのプレースタイルを体現していた。

この先制点のビルドアップの1分半に、バルサは10人もの選手の足元を通し、30分間のパスを繋げた上で、コウチーニョがとどめにゴールを決めるとことまで持っていったのだ。

90秒間、30回のパス、10人の選手。ピュアなバルサスタイルが生み出した、クラシコという大舞台での芸術的な先制点をその目で確認しよう!

チャンピオンズリーグの第二戦、バルサの選手は、63秒間に22回のパスを通し、レオ・メッシが決めたゴールが、トッテナム戦でのスコアを1-3にした。

上に戻る
_satellite.pageBottom();