fcb.portal.reset.password

バルサでマウコムが決めたゴールが、インテル・ミランとの試合を 0-1 にし、チャンピオンズリーグの16強進出を決める勝ち点へと繋がった。過去に、数多くのブラジル人選手が、マウコム同様、バルサの歴史を彩ってきた。

マウコムが火曜日の試合で出場したのは、83分、グラウンドに立ってすぐにハンダノビッチにゴールマウスを破り、バルサにとって、15シーズン連続の16強進出をお膳立てした。

ブラジル人選手のデビューゴール

そのほかのブラジル人選手で、すぐに思い出すのは、ロマーリオだ。レアル・ソシエダ戦で、ハットトリックを決め、ストライカーとしての貢献を果たした。また、ロナウドもカンプノウでのアトレティコ・マドリードとの対戦で、ダブルゴールを決めた。試合はバルサの勝利 (5-2) に終わった。

リバウドは、バルサが3-0で勝利を収めたレアル・ソシエダの試合で、やはり、ダブルゴールを決めて、デビューを果たした。一方、ロナウジーニョは、セビージャ戦で決めたスーパーループ弾が、いまだに語り草になっている。ネイマールJrは、スペインスーパー杯でアトレティコとの対戦でのファーストレグで、ゴールを決め、その後、カンプノウでの第二レグがスコアレスドローに終わったため、結果として、ネイマールJrのゴールがバルサに優勝杯をもたらすことになった。

バルサのブラジル人プレーヤーが決めた、数々のゴールスペシャル!まとめてお楽しみください!

上に戻る
_satellite.pageBottom();