fcb.portal.reset.password

ジェラルド・デウロフェウは、クラブメディアのインタビューに答え、現況や自らのキャリアについて、改めて語った。マシアからやってきて、トップチームまでたどり着くまで、海外のクラブでの経験を積み、エルネスト・バルベルデのチームにやってくるまで、クリックして、ビデオでチェックしよう!

マシア

小さい時から、バルサにやってくると、サッカーに夢中になるし、トップチームにたどり着きたいと強く願う。僕の場合は、ロナウジーニョが大好きだった。

レベルアップして、目的を達成するためには、日々の練習を最大限に生かさなければならない。

バルサからのレンタル移籍

新しいチームに行って、他の監督の話を聞くことは、成長させるし、何が起きているのかを考えるきっかけとなる。

レンタル移籍は、僕が変わるための助けになった。まだ、もっと若かった時は、人として、もっとイかれてるし、そこまで多くのことを考えなかったからだ。

選手としてのデウロフェウ

週末にどうすべきか、対戦相手のことも研究するし、そのためにたくさん、練習を積んでいる。

多くの点で、僕はとても成熟した。とりわけ、ディフェンス面だ。今、僕はチームの一員だが、以前はもっと個人主義だった。

カルチョとプレミアムリーグ

イギリスのサッカーは、異なっているし、もっと情熱的に生きている。プレミアムはすごく良いし、最高の選手が集まっている最高のリーグの一つだ。

僕は、ミラン時代に最高の思い出がある。僕の人生にとって、最高に幸せな数ヶ月だった。僕の娘の誕生と重なったのが、すべてだった。

バルベルデのバルサ

プレーして、チームに貢献しながら、僕は、満足している。いつだって、チームに貢献したい。なぜなら、僕らは、現状に止まってはならないのだから。

僕らは、目的を達成しつつあるし、そのために進み続けなければならない。ここから、クリスマス前までに、すごく大事な試合がやってくる。リーガで、僕らは上位にい続けなければならないし、チャンピオンズリーグでは、次の試合で出場を決定しなければならない。

知っているスタジアムへの訪問

ユベントススタジアムは、すごく難しいスタジアムだ。ユベントスは、とてもオーガナイズされているチームだ。僕は、あのスタジアムでリーグ戦、カップ戦をミランと戦った。

サッカーをプレーしながら、僕らは楽しまなければならない。バルサはどこであろうと勝てる。

デウロフェウ「父親になることは、世界最高の出来事だ」

おむつを取り替えることと相手のディフェンダーをかわすことと、どっちの難易度が高いかを聞かれ、デウロフェウは、間違いなくライバルをかわす方だと答えた。デウロフェウは、「おむつを変えることは、あっという間に学んだよ」と現在、7ヶ月になる娘のサラについて語り、「父親になることほど、世界で素敵なことはない。僕らは、彼女の成長を見ることができて、すごく嬉しいんだ」とその幸せについて語った。

上に戻る