fcb.portal.reset.password

ジェラルド・ピケは、FCバルセロナに幼少カテゴリーの頃からやってきてー1997年ー、アレビンBカテゴリー(当時の最も若いカテゴリー)からスタートした。当時、たったの10歳だった。それが現在では、トップチームでプレーして既に9年目となる。これまでにトップチームでは、397試合に参戦し、35得点を決めてきた。また、生まれたその日からクラブのソシオとなっている。

このビデオでは、そんなジェラルド・ピケがクラブのユースカテゴリーで過ごしてきた様子、小さい頃から、エリアでボールを器用に扱い、ゴールを決めてきたセンターバックの様々なシーンを振り返る。ピケは、小さい頃から、今、カンプノウで見せているようなその才能の片鱗を証明していたのだ。必見!どうぞ、お楽しみください。

上に戻る