fcb.portal.reset.password

その少し前にアンドレ・ゴメスは、最初のユニフォームを父親に捧げた。 | VÍCTOR SALGADO-FCB

アンドレ・ゴメスは、FCバルセロナの選手として、最初の契約書にサインし、来季に向けてルイス・エンリケが獲得した4人目の新補強選手となった。今朝、カンプノウでサインし、そのイベントには彼の家族、父親のカシミロ・ゴメス、母親のマリア・フリエタ、兄弟のヌノ、伴侶であるリサさんが付き添った。

全員にとって、とても特別な日だったが、とりわけ、ゴメスファミリーの中でも、生粋のバルサファンであり、この日を特に強い思い入れと共に迎えたカシミロさんにとっては、スペシャルな日となった。なぜなら、この日、オフィシャルなイベントが終了し、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長がアンドレ・ゴメスに歓迎の辞を述べ、バルサのユニフォームを手渡したが、選手は、その後、父親に特別な思いやりをひっそりとロッカーチームで見せた。

自分の名前が入ったそのユニフォームにアンドレ・ゴメスは、サインを入れた。それは、父親にプレゼントするためだったのだ。父親は目に見えて感動した。この日、二度目のプレゼントだった。なぜなら、この日、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長は、カシミロ・ゴメスさんがバルサファンだとしって、バルサのクラブ旗章をプレゼントしていたからだった。

上に戻る