fcb.portal.reset.password

FCバルセロナにとってインターナショナル・チャンピオンズ・カップ最終戦の舞台となったのはウェンブリーリバプールと対戦した。アスルグラナの選手たちは2011年のチャンピオンズリーグ決勝を思い出し、何人かのチームメイトと再会するためにバルセロナのエル・プラット空港からロンドンへ向かった。

ここではバルサのロンドンへの移動やホテルでの様子、そしてなによりルイス・スアレスハビエル・マスチェラーノがリバプール時代の仲間と再会する様子を振り返ることができる。ウルグアイ人選手は試合後、‘レッズ’ファンから向けられた愛情豊かな計らいに感謝した。アスルグラナの9番は試合後にかつてのチームメイトや友人と挨拶することができた。今回の移動はイングランドで最も象徴的であり、アスルグラナにとって記念すべき舞台を訪ねるものだった。

上に戻る