fcb.portal.reset.password

ルイス・エンリケは、バルサとの契約を更新しないことを発表し、試合後、イバン・ラキティッチが、対応した。バルサは、カンプノウでスポルティングを6-1で制したが、この発言について、この日、試合で最後のゴールを受けたラキティッチは試合後、ミックスゾーンにて「監督は会見で話す前に、来季についての決定を僕らに話してくれた」と話し、「監督の決定は明白だ。僕らはそれを受け入れなければならない」さらに「僕らはシーズンの終わりに成功に囲まれていたい。そのためにも、残りのシーズンを楽しみたい。僕らは向上のために、努力する」と付け加えた。

ラキティッチは、自身の契約更新について聞かれると、「クラブと僕は同じ方向に受かっている。近いうちにミーティングを守る予定だ」と答えた。また、スポルティングとの試合については、「勝利は6ゴールを入れた僕らにふさわしいものだった」と話し、「また一つ勝ちを手に入れた。後は、残りのシーズンをできるだけ、楽しみたい」とコメントした。

パコ・アルカセル:

「僕はとても満足している。勝利弾を決めたわけはないけれど、僕のチームは勝つことができた。常にプライオリティはチームだ」

「このチームの最もいいところは、すでに僕らは目にしている。そのクオリティ、やる気、プレーする時の勇気などだ」

「レオがキーパーの前に、僕を一人にしたんだ。素晴らしいセンタリングを僕に送ってくれた。僕は枠の中に押し込むだけだった」

上に戻る