fcb.portal.reset.password

今日、バルサで得点したのは、ストライカーではなく、ミッドフィルダーだった。イバン・ラキティッチが試合で唯一、ゴルカ・イライソスのゴールマウスをやbッ他選手となった。そのゴールが勝利弾となった。 

「彼らを動かし、疲れさせるのは、非常に大事なことだった」とクロアチア陣選手は試合げ終わった後、話した。「ここでプレーするのは、とても難しい。アスレティックは自らのスタジアムで作り出すプレスをかけてくる。全くもって簡単な相手ではない」

「この結果にとても満足している。ここでの試合は、毎回、似たようなゲームになるが、最後には僕らが勝つにふさわしかったと思う。僕らはハイレベルの相手と戦えることを証明した」

この日のもう一人の主役は、テア・シュテーゲンだった。

「このスタジアムでは、ショートパスを使ってプレーするのは常に難しいが、今回、アウェーで勝利を手に帰ることができて、本当に嬉しい」

新加入選手のデニス・スアレスは、再び、スタメンとしてプレーしたが「とてもやりやすく感じているし、監督が僕に信頼を置いてくれて嬉しいし、それにピッチで答えていくことができて幸せだ」と話した。 

最後に、ジョルディ・アルバが「ディフェンスからボールをうまいこと奪えたし、多くのゴールチャンスを生み出すことができた」と試合について述べた。 

上に戻る