fcb.portal.reset.password

FCバルセロナとジレットのイベントでのネイマールJr | GERMÁN PARGA - FCB

今日の午後、Auditori 1899 にて、FCバルセロナとジレットの間で行なわれたスポンサーシップの締結を祝うイベントが行なわれ、そのイベントに出席したネイマールJr は、その場で、「バルサでは、家にいるかのように感じている」と話し、他のユニフォームを身に着ける気は全くないと明かした。バルサの'11’ 番は、「メッシは僕が過去に見たことのない最高の選手」だと評し、彼がバルサにいることにより、「僕らは、世界最高のチームで有り続ける」のだと話した。

ネイマールJrは、セルティックとの対戦で、メッシが譲ったフリーキックからゴールを決めたが、そういったメッシの人間性を褒め、また、スアレスについても話した。「メッシと共にプレーするのは、とても簡単だよ。僕は、彼ともスアレスともすごくよく理解し合っている。僕らは、お互いに常に助け合おうとしている。なぜなら、そうすることで全てがうまくいくからだ」とネイマールは、説明し、チームがタイトルを制覇し続けて行きたいという気持ちであふれていることを明かし、「トリデンテがゴールとアシストでチームを助け続けていく」ことができるように願っていると話した。

今季が始まってから、トリデンテは、12ゴールを決めており、そのうちの6得点は、セルティックを前に決めたものだった。最初の年に 122 、その翌年がi 131 と年毎にその数を更新している。「その秘密は、日々を克服していくことにある。僕は、自分がやること全てを克服していくのが好きだ。それは人生においてもそうだし、僕らが向上できること、毎試合、毎回の練習でもそうだ。今季は、131ゴールを越えられることを願っている」とネイマールJrは、断言した。

上に戻る