fcb.portal.reset.password

カンプノウの芝で祝うネイマールJr | MIGUEL RUIZ - FCB

敗退は、間近だった。だが、ネイマールの信じる力は、それを認めなかった。

カンプノウ88分、全ての望みが消えかけていた。だが、FCバルセロナの25歳のストライカー、ネイマールが、チームの手綱をとった。

最初は、フリーキックから、そして続けてPKから、ネイマールJrがゴールを決めた。そして、まるで地球上が500年間、待ち続けていたような距離からの深いパスが出された。そのパスの向かった先は、最も、想像に難しい選手の一人だった。この日、途中からピッチに入ったディフェンダーのセルジ・ロベルト、マシア出身の若き選手にボールは、渡った。そして、PSGは、ネイマールの信じる力の前に屈したのだった。

PSGは、第一レグを4–0で勝ち、大きなメリットを手にカンプノウを訪れたが、第二レグで敗退することになったのだ。

もちろん、この勝利がチーム全体の努力であることに間違いはない。だが、わずかの時間に、ネイマールがこの幸運を自力で呼び込んだことにも疑いの余地はない。

カンプノウで生まれた歴史的な大逆転ゴールを再現!サッカー史上、前代未聞の大逆転撃がここに蘇る。
上に戻る