fcb.portal.reset.password

33ゴールを決めて、今季のバルサをリードするメッシ | MIGUEL RUIZ -FCB

FC バルセロナにとって今季、残っている試合の3試合のうち、最初の試合であり、間違いなく最も難しい試合が今週末、土曜日に行われる。対戦相手は、ビジャレアルであり、来季の欧州大会でプレーするポジションを得ているチームが、カンプノウにやってくる。

バルサは、まだ、リーグ優勝を目指しており、現在、ゴールアベレージ等も含め、レアルマドリードと並んで首位を走っているものの、その線は非常に細いものだ。一度、勝利を逃したら、2位となる状況のため、必勝が義務付けられている。

リーガ順位表:

カンプノウでのビジャレアル戦:

シーズン 結果
2010/11 11 Barça 3–1 Villarreal
2011/12 2 Barça 5–0 Villarreal
2013/14 16 Barça 2–1 Villarreal
2014/15 21 Barça 3–2 Villarreal
2015/16 11 Barça 3–0 Villarreal

両チーム現況:

FC バルセロナは、ビジャレアルとの最近のリーグ戦15試合で、負け知らずだ。それは、ホーム、アウェーを問わずだ。最後にビジャレアルがカンプノウでバルサに勝った時のスコアは、 2–1だったが、それは2008年まで遡る必要がある。それはルイス・エンリケがチームを率いるずっと前の出来事であり、メッシは、ビジャレアルに対してゴールを最も多く決めた選手ランキングの二位であり、過去に9ゴールを決めている。また、そのうち、5ゴールがカンプノウで決めたものだ。そして、ネイマールJrにとっても、ビジャレアルは得意としている相手だ。トリデンテについては言うまでもない。今季、メッシが49、スアレスが34、ネイマールが15ゴール決めているこの3人組は、ヨーロッパ最強のトリオだ。

一方のビジャレアルは、3連勝を収めた波に乗った状態でやってくる。フラン・エスクリバの連勝記録は、4連勝だ。ビジャレアルのアタッカーは、セドリック・バカンブーで、リーグ戦で10ゴールを収めているが、最近のリーガ5試合では、6ゴール1アシストを決めている。

招集リスト

試合当日の午前に、ルイス・エンリケが発表した招集リストには、キャプテンのアンドレス・イニエスタが入った。先日のエスパニョール戦は、右足の内転筋に違和感があったため、欠場していた。逆に、相変わらず、負傷のため、欠場するのは、ラフィーニャ、アレイシ・ビダル、マテューだ。また、監督判断により、ジョルディ・マシップは招集外となった。

よって、今晩のビジャレアル戦に招集された 18人は以下の通り : テア・シュテーゲン、ピケ、ラキティッチ、セルヒオ、デニス、アルダ、イニエスタ、スアレス、メッシ、ネイマールJr、シレッセン、マスチェラーノ、パコ・アルカセル、ジョルディ・アルバ、ディニュ、セルジ・ロベルト、アンドレ・ゴメス、ユムティティ

上に戻る