fcb.portal.reset.password

セビージャ戦でのスアレスとメッシ | MIGUEL RUIZ - FCB

スペインスーパー杯第一レグで、サンチェス・ピチュアンにて、セビージャを0-2で破ったFCバルセロナの選手が、試合後にミックスゾーンで話した内容の概要は、下記の通り。

ルイス・スアレス

「僕らは対戦相手に適応しなければならない。彼らもプレーしているし、新しい監督と共にやっているのだから、もっと知らなければならない。だが、後半、僕らは素晴らしい試合ができた」

 「アルダの通常のポジションではなかったが、彼が非常に優れたクオリティのある選手だということが、最初のゴールで証明された」

「セビージャのスタジアムの雰囲気は素敵だが、本当の見せ物はピッチの中にある。主役は、僕たち自身であり、観客ではない」

「まだ、試合は終わっていない。でも、ホームで試合するためのメリットを手に入れることができた」

デニス・スアレス

「とてもよい感じで試合ができた。イニエスタが変わらなければならなかったのは不運だったが、プレーしていてとても快適だった。最後には良い結果になった」

「僕はどっちの再度でもプレーできるし、どちらでも快適にプレーできる」

「最初、セビージャはすごい高い位置から攻めてきたが、明白なゴールチャンスがあったわけではなく、僕らはルイス・スアレスがそれを手にしていた。後半は、プレー内容がよくなり、僕らはスペースをより手にすることができて、ゴールまできた。最終的に結果は、第二戦に向けて最高のものとなった」

上に戻る