fcb.portal.reset.password

リーグ戦第二節で FCバルセロナは、国内リーグにて、アスレティック・ビルバオと対戦する。この試合がこのシーズンの早い時期で、大きな目安となるゲームになることは、周知の事実となる。 

少なくとも、前日記者会見を通して、ルイス・エンリケは、そのように意識していることを証明した。

「サン・マメスでプレーすることは、アウェーにおいて、最も難しいゲームの一つだ」

「ビルバオは、私達がボールを失えば、その後、取り返すのが非常に難しいタフなチームだ」

「ビルバオは、ピッチの高い位置でプレスをかけてくるだろう。それにラウル・ガルシアやアドぅリスのように、ボールを手にした時にパワフルで空中戦に強いチームを手にしている。サイドでボールを受けた途端に、深みを出すプレーをみせるイニャキ・ウイリアムスは、言うまでもない」

「簡単に勝利を収めさせてはくれないだろう」

「今回に限った話じゃないし、以前も決して簡単に勝てたことはない。だが、プロの選手は、この手のスタジアムでプレーするのが大好きだ」

その他、バルサの監督が記者会見で話した内容は、下記の通り。

クラウディオ・ブラボの移籍について

「彼は偉大なプロだった。最近2年間における3人のキーパーが良好な関係を保っていたことを特筆したい」

「彼は素晴らしい仕事をしたし、グループに非常に良く貢献してくれた」

「私達がゴールに関して成功した秘訣は、お互いを良く知っていたからだ。攻守の間の理解が欠ければ、ここまで上手くはいかなかっただろう」

チャンピオンズグループの抽選について:

「私達は、グアルディオラの、そして、今ではブラボのシティとプレーするのを最高に楽しみにしている。サポーターは、彼にふさわしい形でお別れを告げることができるだろう」

セルジ・サンペルのグラナダレンタル移籍について:

「彼をチームにおいて置くべきか、1部でもっとプレーさせるべきか、私達は悩んだ。もし、彼がふさわしいレベルに達することができれば、ここに戻ってくる」

「良い内容のサッカーをする監督がいるチームにいくので、これは良い選択肢だった」

上に戻る