fcb.portal.reset.password

初めてブタルケを訪問したルイス・エンリケは、1部の昇格したばかりのチーム、レガネスを前に試合を1-5で制した。記者会見で、要求度の高いチームを前に厳しい試合を強いられたことを話したルイス・エンリケは、「私達はインスピレーションのあるプレーができ、スタートから非常にアクティブだった。もし、チームがより試合を支配していたら、私達は、もっと苦しまされたことだろう」と対戦相手の危険性を指摘した。この試合で3バックを起用したルイス・エンリケは、「それに伴うリスクはあったが、私はそれに向かい合うのが好きだし、リスクを恐れない選手が好きだ」と話した。

その他、ルイス・エンリケが記者会見で話した概要は、下記の通り。

「レガネスは、非常に勇敢で攻撃的だった。1対1でプレスをかけてきて、ボールを奪うのに苦労させられた」

「彼らのかけてくるプレスは、非常にやりにくかったが、私達はスペースを作り出すことができた。そのおかげで、多くのチャンスを生み出すことができた。シーズンの最中、様々なシチュエーションが訪れるだろうし、試合を支配できるよう、私たちは学ばなければならない」

「3バックで立ち向かうやり方は、非常にうまくいった。上にいる選手を私達は生かさなければならない。向上しなければならないが、今回のプランは気に入った」.

「23日間の間に7試合がある。私達は選手の重荷をうまく管理しなければならない。なぜなら、私達は常勝を義務づけられているのだから」

「選手全員が、この長いシーズンを過ごすためには、全員の力が必要だと理解している。個人レベルでも、チームレベルでもだ。交代があったが、4日以内に私達は再び、プレーしなければならない。11人だけではシーズンに立ち向かうことはできない」

上に戻る