fcb.portal.reset.password

FC バルセロナは、2016/17 リーガの開幕戦をベティスを前にリサイタル(6-2)で幕開けし、その試合について、ルイス・エンリケは、試合後記者会見で、「シーズンの現時点の状態を考えれば、ほぼ完璧な試合」だったと評した。記者会見の概要は、下記の通り。

「選手たちが非常にやる気に満ちているのがわかった。攻守共にとてもアクティブだった。私達は、勇敢かつ非常に効率的に戦った。完成度の高い試合だった」

「新しく作られたサポーターセクションの300人に賛辞を送りたい。それ以上、いるかのようだった。サポーターがこういった雰囲気を作り出す、このスタンドのポテンシャルをもっとあげるのは、チームにとっても良いことだ」

アルダのクオリティは非常に高いし、インサイドでもフォワードとしても、両方のポジションで力を出せる。それだけでなくゴールも決めている。すっかり、適応し、幸せだ」

セルジ・ロベルトは、いつも通り、常にディフェンス面では注意深く、ゲームによく参加している。攻撃でも非常によく、スペースを見つけ出し、シチュエーションを生み出す役割を果たしている」

「私にとって3年目となるのだから、一部のベテランの選手には、説明する必要がないし、新加入選手はやる気にあふれてやってきている」

「シーズンを通して、その要求度は最高レベルだ。私達は、全員が100%である必要がある」

メッシのレベルは、いつも通り、最高だ。ルイス・スアレスも攻守両方で、そうだ」

「チームを向上させることができるなら、どんな選手も歓迎だ。簡単ではないが、クラブは、新補強の可能性の扉を開けている」

ロベルト・フェルナンデス「ブラボについてシティと基本合意」

FCバルセロナの強化担当ディレクター、ロベルト・フェルナンデスは、クラウディオ・ブラボのマンチェスターシティ移籍について、「今週中に話が決まることになるだろう」と明言し、ブラボが2年間、素晴らしい結果をバルサに残したことを認め、「私達は、ブラボとの契約を更新しようと時間をかけてきたが、私達に別のオファーがあると提示してきて、契約更新をしたくないと伝えてきた」と説明した。

バルサで75試合

クラウディオ・ブラボは、FCバルセロナの選手として、75試合をこなし、失点数は43、8タイトルを手にしており、その内訳は、リーグ優勝2、国王杯2、チャンピオンズリーグ1、クラブワールドカップ1、欧州スーパー杯1、スペインスーパー杯1だ。


上に戻る