fcb.portal.reset.password

 

チャンピオンズリーグにて、トリノで黒星を喫した後、FCバルセロナは再び、りーぐに戻り(日時は視聴ガイド参照)、失地を回復するために、りーぐ戦いに挑む。 来週には、クラシコが待ち構えている。

バルサのリーグ戦における対戦相手は、近年、負け知らずのレアルソシエダだ。ホームゲームであり、スタンドを味方につけて、バルサは勝利しか許されない究極の状況での勝ち点3に挑む。

チームニュース

マラガ戦でレッドカードを受けたため、ネイマールJrは、今回の試合は累積欠場となる。また、ハビエル・マスチェラーノは、今週、負傷が伝えられた。その一方でポジティブなニュースは、イバン・ラキティッチとジェラルド・ピケの復帰だ。また、アルダ・トゥランも通常メニューに練習で戻ってきたが、まだ、医師からのプレー了承は出ていない状態だまた、ラフィーニャとアレイシ・ビダルがリハビリを続けているのは、周知の通りだ。

他方、レアルソシエダは、右サイドバックのカルロス・マルティネスがシーズン末まで離脱することになった。フアンミが累積欠場が決まっている。イマノル・アギレチェ、アルバロ・オドリオソラの出場は、微妙な状況だ。

監督視点

通常の試合前日記者会見で、バルサの監督、ルイス・エンリケは、レアルソシエダについて「我々はシーズン終盤のこの時期にその攻守の方法から、もっともタフな対戦相手と向かい合うことになる。私たちは、リーグ優勝を望んでいるし、それはレアルソシエダ戦に勝つことから始まるだろう。我々は、犯したミスを修正するプロセスにいる。チームが成長して戻ってくることを確信している」と語った。 

また、元バルサの選手、現在は、ソシエダの監督のエウセビオ・サクリスタンは、「彼らはネガティブな結果を二連続で手にしてからこの試合を迎えるが、バルサはそれdめおバルサだ。チャンピオンへの道を進む強いチームだ」と警戒をみせた。

各チーム現況

バルサは、マラガ戦、ユベントス戦で勝利をあげることができなかったが、ホームゲームは別問題だ。今週末に勝ち点3を手にしたら、リーグ戦ではホームで9連勝することになる。

反面、レアルソシエダは、現在6位であり、ヨーロッパリーグをかけて戦っている。月曜日にスポルティングを3-1で下し、5試合ぶりに勝利をあげた。とはいえ、アウェー戦の強さ群を抜いており、ソシエダほどアウェーで勝利をあげいているチーム (8勝) は、リーグでは他にはいない。

当日の朝、発表された18人の招集リストを見る

歴史

バルサは、レアルソシエダが、2011 年にトップチームに戻ってから、サン・セバスティアンでは、ソシエダを前に勝利をあげていないが、ホームでは、話は別だ。過去18回の試合で負け知らずでおり、それも最近9試合中4試合では5得点以上を決めている。

最後にレアルソシエダが、カンプノウで勝ち点をあげたのは、1995年まで遡る。エウセビオがまだ、バルサでプレーしていた時代であり、1991年以来(当時、ヨハン・クライフの率いるバルサは、すでに優勝を決めていた)カンプノウでの勝利知らずだ。

今期のアノエタでの試合は、1-1 で終わり (ハイライトビデオ)、また、国王杯でも両者は今季、ベスト8でぶつかっている。バルサは1-0で勝ち、最終的には、 5-2で準決勝進出を決めた。そのハイライト 映像は、 ここ と ここをそれぞれ、クリック!

上に戻る