fcb.portal.reset.password

今日行われた練習での選手たち | MIGUEL RUIZ - FCB

FCバルセロナは火曜、国王杯のエルクレス戦に備えクラブ総合練習場ジョアン・ガンペルのティト・ビラノバグランドで練習を行った。練習を前に、コロンビアでの飛行機事故で被害にあったブラジルチーム、シャペコエンセの冥福を祈り1分間の黙祷を捧げた。

今日の練習ではテア・シュテーゲン、ピケ、ラキティッチ、セルヒオ、メッシ、ネイマールJr、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルト、アンドレ・ゴメスがクラブの許可を得て練習しなかった。一方でルイス・スアレスとマスチェラーノは同許可があったものの自発的に練習に参加した。また下部組織チーム所属のボルハ・ロペス、ニリ、アレーニャ、カルボネル、マルロン、モイセス、マルク・カルドナがトップチームに合流している。

ルイス・エンリケのチームは水曜日にアリカンテへ移動、チームにとって国王杯初戦となるベスト16入りを賭けた対戦の第1戦に臨む。ロス・アスルグラナスは昨季、一昨季と同大会2連覇を果たしている。なおこの対戦はセルティック・パークでの勝利(0−2)、引き分けたアノエタでのレアル・ソシエダ戦(1−1)に続く3試合連続アウェー試合の最後になる。

10選手がUEFAのドーピング検査実施

練習終了後、トップトームの10選手(ピケ、デニス、アルダ、イニエスタ、スアレス、メッシ、ネイマールJr、マスチェラーノ、アルバ、ユムティティ)がUEFAによりドーピング対策の血液、尿検査を行い、これにパスした。

上に戻る