fcb.portal.reset.password

ヤスパー・シレッセン がFCバルセロナの一員となった。入団発表前に、トップチームと今朝、練習を行ない、チームメートと知り合ってから、カンプノウに移動し、バルサの選手としての最初の一歩を踏み出した。ジョセップ・マリア・バルトメウ会長、ジョルディ・メストレスポーツ副会長、ロベルト・フェルナンデス強化担当とプライベートイベントを行ない、その後、カンプノウのピッチにバルサのユニフォームを身につけて立った。最後に記者会見を行ない、シレッセンは、リラックスした様子で、しかし、夢が叶ったことにエキサイティングしていると話した。「僕はここにいることができて、とても嬉しいし、バルサにいることができて名誉に思っています」「できるだけ、多くの優勝杯を共に持ち上げたいと願っています。僕にとって、バルセロナに住むことは、一つの夢です」とコメントした。

オランダ人キーパーは、FCバルセロナでの競合について聞かれ、スタメンを決める際に「監督が簡単に決定を下すことができないように、最善を尽くす」と野心をみせた。また、テア・シュテーゲンについて聞かれると、賛辞を惜しむことなく、「彼は優れたキーパーだし、多くの才能とクオリティに恵まれている」と答え、「彼の高みに並びたい」と話した。シレッセンは、最初の練習について、「自己紹介をしなければならなかったので、短かった」と感想を述べたが、新しいチームメートを知ることができたのがよかったと答えた。

また、アヤックス、オランダ、バルサの関係について、聞かれ、クラブの歴史的観点からも、シレッセンは、「数年前にヨハン・クライフがいたのと同じクラブにいることができるのは、とても特別なことだし、モチベーションになる」と話した。l

上に戻る