fcb.portal.reset.password

ルイス・エンリケの率いるバルサは、再び、国王杯決勝に進出するという目的を達成した。前半43分にルイス・スアレスがゴールを決め、その後、引き分けたものの、数的不利になっても、ドローを守りきり、合計3-1で進出を決めた後、ピッチの主役がミックスゾーンでみせたリアクションは、こちらから。

アンドレス・イニエスタ:

「決勝で誰と対戦しようと同じだ。僕らは、国王杯3連覇を目指す」
「最も大切なのは、良いときもつらいときも、常にその場所にいることだ」

ルイス・スアレス:

「僕らはファイナリストにふさわしい。多くのメリットを手にしてきた。とてもハードに努力してきた」
「僕らは、最後まで苦しんだし、この手の試合は苦しまされるものだ。これは準決勝だし、できる限りのやり方でプレーする以外なかった」

ジャスパー・シレッセン:

「とてもクレイジーなゲームだったが、僕は進出が決まってとても満足している」
「決勝をバルサとともにプレーできるチャンスがあることに満足している」

イバン・ラキティッチ:

「僕らは、ブスケッツとイニエスタが復帰したことをとても嬉しく思っている。彼らは、とても大事な選手だし、多くのことを与えてくれる」

サミュエル・ユムティティ:

「国王杯の試合全部に参加できて、とても満足しているし、進出は嬉しい」
「難しい試合だったが、僕らは良い試合が行えた」

ルイス・エンリケ監督

「国王杯をファンに捧げたい。彼らがここまでこられた鍵になったのだから」

「私たちは、再び、新たな決勝にいる。みんなで楽しみたい」

「私たちは、後ろに下がらざるを得ず、そこからどう抜け出したらいいのかわからなかった。だが、ポジティブな点を見て、向上しなければならない」

その他、ルイス・エンリケが試合後、話した内容は、ビデオでチェック!


Luis Enrique: We dedicate this to the fans por fcbarcelona
上に戻る