fcb.portal.reset.password

 

FC バルセロナ には、今週の日曜日、クラシコの決戦が待ち受けている。この情熱的なゲームは、リーグ戦の鍵になるだろう試合だった。バルサは、勝利を収めれば、首位になるチャンスを手にしている。最近、ベルナベウで行なっている13試合で、その内訳は7勝3分け3敗だ。このスペクタクルな記録の中でも、勝利を収めた時のセレブレーションは、特に記憶に残るものだ。例えば、プジョルのゴールが決まった2-6の試合では、元キャプテンが1-2にしたゴールを決めた時のキャプテン章へのセレブレーション、ジェラルド・ピケがゴールリサイタルを祝った時のセレブレーションなどだ。

サンティアゴ・ベルナベウで最近、手にした結果は、永遠に歴史に戻るものだ。もっとも最近のゴールリサイタルは、ルイス・スアレスアンドレス・イニエスタが後半にみせたセレブレーションを含む0-4で終わった試合だ。バルセロナのキャプテンは、2014年に3-4で勝利をあげた時の主役にもなっている。現在、監督のルイス・エンリケは、1998年に2-3の勝利で終わったクラシコでやはり、ゴールを決めている。

バルサファンにとって、クラシコでのゴールセレブレーションは、常に記憶に残るものだ。イースターで先週、国際大会にやってきたFCBスクールの子供達の中には、サンティアゴ・ベルナベウでの歴史的なセレブレーションを真似した姿も見受けられた。クラシコを前に、ベルナベウでのセレブレーション集をお楽しみください。

上に戻る