fcb.portal.reset.password

ラキティッチとブスケッツ | VICTOR SALGADO - FCB

バルサの選手4人がそれぞれの代表で勝利を収めた。スペイン代表に参戦したセルヒオとセルジ・ロベルト、ラキティッチのクロアチア、アルダ・トゥランのトルコは、それぞれ、対戦相手を制し、ワールドカップ予選で勝利を収めた。

スペイン、グループ Gでタイ

ジュレン・ロペテギの率いるスペイン代表は、マセドニアをヌエボ・ロス・カルメネス(グラナダ)にて、4-0で制した。グループGで、スペインは、イタリア代表と共に勝ち点10点を4試合で手にしており、勝ち点数で並んでいる。それに僅差で続くのが、勝ち点9のイスラエルだ。

セルヒオ・ブスケッツは、スタメンとして90分間プレーした。対戦相手は、まだ、勝ち点1点もあげていない。今回の試合の先制点は、ベルコフスキーのオウンゴール(34分)でスタートし、その後、 ビトロ (63分)、モンレアル (84分)。アドゥリス(85分)がそれぞれ、ゴールを決めて、スペイン代表に勝ち点3をもたらした。

クロアチア、グループ Iの首位をキープ

イバン・ラキティッチのクロアチアは、最後のユーロでのダークホースとなったアイスランド を制した (2-0)。 ブロゾビッチが15分、91分とダブルゴールを決め、クロアチアをグループIの首位をキープした。クロアチアは勝ち点10を手にし、バルサの中盤選手、ラキティッチは、スタメンとして85分間、プレーし、その間、パスの精度86%を誇ってチームに貢献し、クラマリッチと代わってピッチを去った。

アルダのトルコに勝ち点3

クロアチアと同じグループにいるアルダ・トゥランのトルコも、キャプテン章をつけ、スタメンとして出場し、コソボを制した(2-0)。ブラック・イルマスが先制点(44分)、ボルカン・セン(55分)が追加点をマークし、トルコに勝利をもたらした。 トルコは、この勝利で4試合を終え、勝ち点5を手にし、4位だ。    

上に戻る