fcb.portal.reset.password

レオ・メッシは上々の調子でシーズンを滑り出した。アルゼンチン人選手はここまで出場した3試合で3得点をマークするなど決定力を示している。最初の得点はスペインスーパーカップの第二レグ、続く2点はリーガ開幕のベティス戦の2ゴール、ともにエリア外からのシュートだった。

奇しくもこの種のシュートをアルゼンチン人選手は完璧にマスターしている。トップチームでデビューして以来、レオ・メッシはペナルティエリア外となる16メートル以上の距離から41点を挙げており直接フリーキックからの23点を加えれば合計64点となっている。

9年に渡り得点

エリア外の41点のうちの最初となったのは2007年6月のナスティック・デ・タラゴナ戦。デコのアシストを受けて決めたものだった。しかしながらチャンピオンズリーグでの初ゴールは1年以上あと。2008年11月にカンプ・ノウでのバーゼル戦だった。このあとフリーキック以外のエリア外得点でメッシはリーガ29点チャンピオンズ10点国王杯では2011年1月のアルメリア戦、2014年2月のレアル・ソシエダ戦と2点を決めている。

今回ベティス戦で2点を追加したことで、アルゼンチン人選手は2015/16シーズンに決めたエリア外得点(2)に並んだ。

連続得点は4回

同一試合でレオ・メッシがエリア外から2点を決めたのは今回が初めてではない。ベティス戦以外に2010年3月、カンプ・ノウでのチャンピオンズのシュツットガルト戦で2点を決めているから。さらにセビージャ戦で2度達成している。いずれも会場はサンチェス・ピスファンでのリーガ試合。最初は2008年11月、2度目は2014年2月の激しい雨が降る中での連続ゴールだった。

上に戻る