fcb.portal.reset.password

スペインスーパー杯でのレオ・メッシ | MIGUEL RUIZ-FCB

今日、行なわれた検査の結果、レオ・メッシの左足内転筋に引き続き、違和感があることが確認された。練習のレベルを下げ、練習のレベルを下げることをメディカルスタッフから勧められ、今後、数日、様子を見て、その回復具合により、次戦の出場が決定する。

メッシは、今季の開幕でスペインスーパー杯の第一戦から、リーグ戦二試合、ベティス、アスレティック・クラブとの対戦で、トップチームと共にフル出場を果たしており、カンプノウのベティス戦では、3得点を決める活躍をみせていた。

サン・マメスでの試合後、バルサの‘10’ 番は、ルイス・スアレスのプレーするウルグアイと対戦すべく、代表遠征に加わり、アルゼンチン代表と共に90分間プレーし、試合に唯一の得点をもたらし、アルゼンチンを2018ロシアワールドカップ予選の予選リーグ戦の順位表でトップに押し上げていた。

上に戻る