fcb.portal.reset.password

バルサとは旧知のシレッセン | MIGUEL RUIZ - FCB

ヤスパー・シレッセン (22/04/1989) は、FCバルセロナに今季、新たに加入した。オランダ人キーパーは、クラブの哲学がバルサに似ているアムステルダム・アヤックスの出身だ。

シレッセンは、ポゼッションプレーに慣れており、その前の監督は、フランク・デ・ブール、また、代表監督がルイス・ファン・ハールといずれもバルサにゆかりのある監督と共に育ってきた。オランダ人キーパーは、両足でのプレーとポジショニングに定評があり、ディフェンスラインが前に出た状態でのプレーにも慣れている。このオランダ人キーパーは、また、非常にテクニックに優れ、リアクションと反応が早いことでも知られており、対戦相手のシュート、特に長距離からのシュートを阻むスペシャリストでもある。 

オランダ代表の不動スタメン

シレッセンは、オランダ代表でも居場所を作っており、2013年に代表選手になってから、2014年のワールドカップの間も常にスタメンであり、それは現在のダニー・ブラインド代表監督でも、同様だ。

ヤスパー・シレッセンは、今からFCバルセロナにて、自らのキャリアを進め、ルイス・エンリケの率いるチームのゴールマウスを守り、世界に通用する一流のキーパーであることを証明していかなければならない。

上に戻る