fcb.portal.reset.password

カラスコ、グリスマン、サビッチ、コケ・・・多くのアトレティコの選手が、国王杯準決勝第二レグでゴールを決める寸前だったが、それが阻まれたのは、ジャスパー・シレッセンの素晴らしいセービングがあってこそだった。

スピーディなハンドだけでなく、足遣いもあり、既にそのセービングはカルデロンでも行われたが、カンプノウで行われた神がかりなセーブがバルサを国王杯決勝の舞台に送った鍵となったのは、確かだ。

バルサ4年連続で国王杯決勝進出を決め、3連覇を目指す寸前だ。スアレスメッシのゴールで進出が決まったのは確かだが、失点を防いだもう一人のキーマン、シレッセンのプレーもあったことを忘れてはならない。そのハイライトシーンを集約したこのビデオであの感動をもう一度!

上に戻る