fcb.portal.reset.password

 

FC バルセロナ は、今日、木曜日にジャスパー・シレッセンをクラウディオ・ブラボの代わりとなるキーパーとして、新たに迎えることになった。バルサの新キーパーは、アヤックス出身であり、クラブ史上における二番目のオランダ人キーパーとなった。最初のオランダ人GKは、ルウド・ヘスプであり、3年間 (1997-2000)在籍し、4タイトルをとった。その内訳は、リーグ優勝2、欧州スーパー杯 1、国王杯1だ。

シレッセンは、FCバルセロナのユニフォームを身につけることになった20人目のオランダ人選手だ。最初にバルサにやってきたのは、ヨハン・クライフ(1973)だった。クライフは、そのスペクタクルなサッカーで、クラブ史を変え、バルセロニズムの伝説となった。その後、ニースケンスとロナウド・クーマンも、バルサの時代を刻む選手となった。

クラブ史上、最もオランダ人選手が多かったのは、ルイス・ファンハールがベンチでチームを率いていた1997年であり、クライファート、コクー、フランク・デ・ブール、オーフェルマルスなどがクラブでキャリアを足跡を残した。最後にバルサのユニフォームを着たオランダ人は、イブライム・アフェライだった。 

FCバルセロナのクラブに在籍した20人のオランダ人選手は、下記から:

ヨハン・クライフ (1973-1978)                          
ヨハン・ニースケンス (1974-1979)                           
ダニー・ミュラー (1988)
ロナウド・クーマン (1989-1995)
リチャード・ ビチュへ (1991-1993)                          
ジョルディ・クライフ (1993-1996)                          
ミヒャエル・レイシハー Reiziger (1997-2004)                           
ルウド・ヘスプ (1997-2000)
ウインストン・ボガルデ (1997-2000)                          
ボウデヴィン・ゼンデン  (1998-2001)
フィリップ・コクー (1998-2004)
パトリック・クライファート (1998-2004)                          
ロナウド・デ・ブール (1999-2000)                           
フランク・デ・ブール (1999-2003)                           
マルク・オフェルマルス (2000-2004)                         
ジョバンニ・フアン・ブロンクホースト (2003-2007)
エドガー・デイビッツ (2004)                                      
マルク・ファンボメル (2005-2006)
イブライム・アフェライ (2010-2014)

バルサ−アヤックスライン

ヨハン・クライフとニースケンスがFCバルセロナに70年代当初にやってきてから、バルサとアヤックスの間には、常に選手の行き来があった。 その時衣良、アムステルダムからバルセロナへ11人の選手がやってきた。クライフ、ニースケンス、ピチュへ、ジョルディ・クライフ、レイシハー、ボガルデ、クライファート、ロナウド・デ・ブール、フランク・デ・ブール、オーフェルマウス、ジオ・ファンブロンクホースト、マルク・フアン・ボメルだ。だが、逆にバルサからオランダに渡っているケースもあり、ラウドルップ、ルジェ・ガルシア、ガブリ、オレゲール、ボジャン、クエンカなどがそのケースの一部となった。


上に戻る