fcb.portal.reset.password

アラベス戦では休息を与えられたピケが復帰 | VICTOR SALGADO - FCB

FC バルセロナは、レガネス (現地時間13時 )とスペインリーグ4節目に戦う。バルサは、セルティックを相手に快勝したばかりだが、相手をなめてかかるわけには、いかない。レガネスは、今季スタートしてからの3戦で1失点しか、許していないチームだ。

召集リスト

今回、ルイス・エンリケは、この試合に向けて18人を招集した。マテューとデニス・スアレスが、リストに復帰した他、監督判断で、ブスケッツ、マシップ、アレイシ・ビダル、ディニュが召集リストから外れた。 

監督視点

前日記者会見で、ルイス・エンリケは、レガネスについて、「レガネスは、試合の間、バリエーションを変えてくるかもしれない。5バックで守ることもできる。昇格したばかりだといっても、恐れずに勇敢に立ち向かってくるチームであることを期待している。非常によく練習を積んでいるチームだ」と分析し、警戒を強めている。

一方で、レガネスのアシエル・ガリタノ監督は、バルサについて、「バルサにはあらゆる状況で解決策があるというメリットがある。私達にとって、戦術的視点からは、選手が勝てると自身を持つことが鍵となる。サッカーの祭典になることを期待している」と話している。

過去の歴史

今回が両者た対戦する初戦となる。レガネスが1部に昇格したのが、初めてだからだ。スタジアムのキャパシティは、10,954 人であり、このバルサとの対戦は、満員になることが見込まれている。


上に戻る