fcb.portal.reset.password

バルサでのゴールを祝うネイマールJrとラフィーニャ | MIGUEL RUIZ-FCB

FCバルセロナのトップチームディレクター責任者、ハビエル・ボルダス及びサッカーエリア責任者のラウル・サニジェヒは、マラカナスタジアムでネイマールJrとラフィーニャが参戦するオリンピック決勝開場に足を運ぶ。

バルサは、リオデジャネイロで行なわれているオリンピックに男女合わせて22人の選手を送っているが、そのうち、10人のアスリートがメダルを手にするチャンスを残している。

女子サッカー選手のアンドレサ・アウベスは、金曜日の夜、カナダと対戦したブラジル代表と共に銅メダルを手にした。

フアン・カルロス・ナバロとビクトル・クレバーは、今夜、アメリカ合衆国を前にバスケットボールの準決勝を戦う。

ハンドボールは、セドリッチ・ソルハインドティモシーがフランス代表と共に、ドイツを前に準決勝に参戦する。

その次の準決勝では、デンマーク代表に、バルサの選手、ジェスパー・ノデスコ、ラッサ・アンダーソンがポーランドと対戦するが、その対戦相手には、もう一人のバルサの選手、カミ・シプルザックがおり、顔を合わせることになる。

また、パラリンピックでは、バルサのシャビ・ポラスが高飛びに参戦する。

上に戻る