fcb.portal.reset.password

若さ、野心、バルサへの忠誠、アンドレ・ゴメスは、記者会見で「あらゆるタイトルをとり、最高のサッカーを楽しみ、プレー哲学に適応する」ことを望んでいると話し、その全てを兼ね備えていることを見せた。「僕のキャラクターにフィットしている」「最高のクラブチームを選んだし、間違っていなかったと思っている」と話し、目標は、「最高のサッカーを楽しみ、学び続け、バルサのサッカー哲学に適応すること」だと述べた。

ルイス・エンリケのチームのダイナミズムに早く慣れたいとやる気をみせるゴメスは、ルイス・エンリケと既に電話で話したことを明かし、「来てくれてありがとう、とても満足していると言われたし、僕もそうだ」と話した。また、「最も大事なことは、監督が僕に望むことだ。できるだけ早く適応するよう、努力する。僕にとっては、右でプレーしようが左だろうが、重要ではない」と説明した。

ここから先のバルサでの5寝棺は、家族にとっても、非常に大事なことだと話し、特にバルサファンの父親にとっては、そうだと認め、「父はとても感動しているし、どこのチームが他に獲得できたかは気にしていない。なぜなら、バルサがいるところで、決定するのに迷うことはないからだ」とコメントした。

ロベルト「クオリティと若さと力がある」 

強化担当のロベルト・フェルナンデスは、「クオリティと若さと力を兼ね備えた選手だ。中盤を助けてくれるだろう」「その実力と多くの可能性を見せてくれる時間は十分あるだろう」と話し、また、「アンドレのことはずっと前から考えていた」ことを明かしつつも、「居場所を勝ちとらなければならない」とつけ加えた。 

一方、プロスポーツディレクターのアルベルト・ソレルは、 「最初の予算には、彼の獲得は入れていなかったが、このような重要なチャンスがある場合、私達は努力することも確かだ。最高の時期に決断を下したと思う」と話した。ジョルディ・メストレ副会長は、「チームを補強」してくれるとして、選手に歓迎のことばを述べ、また、元エスパニョール会長のラモン・コンダル氏逝去について、エスパニョールのご家族に追悼のことばを送った。

アンドレ・ゴメスのバルセロナでの二日目を100秒でチェックするなら、ここから!

 


André Gomes’ second day at FC Barcelona in 100... por fcbarcelona


上に戻る