fcb.portal.reset.password

プレシーズンのステージに遠征する選手 | Miguel Ruiz

バルサのトップチームは、セイントジョージパークで行なわれるプレシーズンのステージを目前にしている。チームは、まだ、フランスで行なわれたユーロやコパ・アメリカに参戦した選手が参加していないが、メッシだけ、一足早く、休暇を切り上げて急遽、参加することになった。よって、ルイス・エンリケは、バルサBの選手及びフベニルカテゴリーからも選手を招集し、遠征を行なうことになった。そのバルサBの選手達について、チェックしてみよう。

ホセ・スアレス

バルサ Bのキーパー 2013/14年にフベニルカテゴリーでリーグ優勝、ユースリーグを制覇して、バルサBにやってきた。2014/15年、バルサBに昇格し、ジェラルド・ロペスの指揮下でプレーしている。

ホセ・マルティネス

2016/17年からバルサBに新加入した選手。2部でプレーしていたセビージャ・アスレティックから、その活躍が認められてやってきた。ジェラルド・ロペスの指揮下、スタメンを期待されている。 

マルロン

ジェラルド・ロペスが行なった今季の新加入選手。フルミネンセ出身のセンターバックは、獲得のオプションを手にレンタル移籍してきた。

ジョセップ・マルティネス

2015年7月にフベニルから獲得したGKで、レアルマドリードやバレンシア、ビジャレアルが獲得を狙ってきたほど、ユースカテゴリーから注目を浴びている選手。プレシーズンでは、エスカラとの最初の試合で、スタメンとしてゴールを守り、失点ゼロで終えた。

 ボルハ・ロペス

2015/16年からバルサBの選手だ。移籍金ゼロでモナコとの契約を終えた後、やってきた。その後、最近数シーズンは、ポルトガルのトップチーム、アロウカでプレーしていた。 

アレックス・カルボネル

マシアで右サイドバックとしてスタートした。2011 年にコルネジャに移籍し、中盤の選手として活躍し、その後、バルサに戻って、フベニルカテゴリーから加わった。五ワードとして、カタルーニャカップでジローナを前に決定的な働きをし、84分に決勝へ導くゴールを決めた。

ジェラルド・グンバウ

2014/15年に移籍してから、バルサのユニフォームを身につけているミッドフィルダーは、ジローナFCの出身だ。 エルチェを前とする国王杯の16強の試合で、2015年1月15日にトップチームでスタメンデビューを果たしており、トップチームとは、3大会ーリーグ、国王杯、チャンピオンズ−で9試合に参戦した。

カルラス・アレニャ

バルサのミッドフィルダーは、バルサBで昨季、デビューを果たした。アレニャは、ガビの率いるフベニルAで良い働きをし、ジェラルド・ロペスがシーズンを通して起用するまでに至った。特にユースリーグでは、目覚ましい活躍をみせ、ルイス・エンリケは、2016年2月10日に国王杯準決勝のバレンシア戦第二レグの試合に、招集したが、結局、トップチームでは まだ、デビューしていない。

フランシスコ・ホセ・ペルド‘ニリ’

バルサBの今季新加入選手で、トップチームでは、ラスパルマスのユニフォームを来て、8試合に参戦しており、25節のバルサ戦でもプレーしている。バルサBのプレシーズンの試合では、後半から出場し、見事なコンビネーションプレーをみせ、プレシーズン最初の勝利へと導いた。

ヘスス・アルファロ

25 才のフォワードは、来季に向けての新加入選手だ。昨季は、2部のアルコイでプレーしており、そこで10得点を決めた。アルファロは、ポリバレンス性に優れ、攻撃ゾーンの三カ所でプレーできる。.また、プレシーズンの最初の試合では、ベンチスタートし、途中から出場したが、ニリとのコンビネーションプレーで輝き、 試合は0-6の勝利に終わった。

フアン・カマラ

バルサBのエウセビオ・サクリスタンの指揮下、ビジャレアルのユースで育った後、2014/15年から入団した。バルサBでは、50試合に参戦し、11得点を決めている。

ラファ・ムヒカ

2015年にフベニルカテゴリーにたった17才で獲得された。昨季は、そのスピードと正確さでガブリの率いるフベニルAでの活躍が目立った。スペインのU-17代表選手であり、ジェラルド・ロペスの信頼を受けて、バルサBでデビューを果たした。 

上に戻る